亜鉛の男性にとっての効果とは…

亜鉛の精力アップの効果は

亜鉛ってどんな栄養素?

亜鉛精力回復

亜鉛を含む食べ物と言えば、牡蠣!

「海のミルク」とも呼ばれる牡蠣ですが、亜鉛の含有量は、100gあたり13.2g。

1日に5〜6個食べれば、1日当りの摂取目安量をとれてしまうという豊富さです。

亜鉛というのは、人体に欠かせない16種の必須ミネラルの1つ…

性別を問わず、生殖機能の発育、維持などに効果があるミネラルで、たんぱく質の合成、免疫力向上、細胞分裂や新陳代謝、抗酸化、アルコール分解などの働きがあります。

爪や髪の毛などの細胞を作るのに必要なミネラルなので、育毛にも期待される成分なのです

その他にも、味覚を正常化させたり、あるいは、精子を作ったり、効能は多岐にわたります。


亜鉛と男性機能

亜鉛は「セックスミネラル」と言われますが、亜鉛の男性機能への関わり方を見てみましょう。

亜鉛は、まず、精液の合成に多くの量を必要とします。

だから、亜鉛が不足すると精子の数そのものが減少して、精巣が委縮してしまいます。

また、亜鉛は、精液をつくる働きをしている前立腺に体の中でもっとも多く存在していて、男性ホルモンの代謝に必要なミネラルです。

この前立腺の活動が鈍る原因として亜鉛不足が挙げられるます。

また、テストステロンは男性ホルモンの一種で、男性機能には欠かせないホルモンの1つなのですが、

亜鉛を摂ることで、テストステロンを活性化させることができます。

男性の精力アップには、かかせない成分と言えますね。

どのくらいの量を摂ればいい?

亜鉛の1日の推奨量は、男性で1日12mg、女性では9mgと言われています。

しかし、実際に食事から摂れるとされる量は、男性で1日平均8.9mg、女性では平均7.3mgという結果が厚生労働省からだされています。

食品からの亜鉛の吸収率は約30%。けっして、吸収率のよい成分とはいえません!

その上、インスタント食品に含まれている食品添加物で摂取が阻害されるので、食生活にも注意が必要です。

また、ストレスやお酒でも多くを消費されてしまいます。

ビタミンCといっしょに摂取すると吸収率がよくなると言われていますが、亜鉛不足にならないためには、健康的なバランスのよい食生活から見直す必要があります。

せっかく食品やサプリから亜鉛を摂っても、吸収されなければ意味がないですから…


男性の精力アップにどのくらいの量の亜鉛が必要かというと、精液量を増やすなら、1日20〜30mgまでを摂るといいでしょう。

しかし、これもこの量を摂ったからといって、即効性があるものではありません。

普段から亜鉛を多く摂るように気をつけていれば、男性機能の衰えを防ぐことができるということ。

また、亜鉛だけを摂ればいいというものでもなく、他の栄養素といっしょに摂るようにすることをおすすめします。

このページのトップへ

関連ページ

クラチャイダム
クラチャイダムは精力サプリとしてマカよりアルギニンの量が多いことで強力な成分。サイズアップ増大はするのか、マカとの比較、摂取量、副作用などを徹底調査
マカ
マカは男性の精力剤サプリとして有名ですが、実際の成分はどうなのか?本当に男性の精力アップに効果的かを調べてみました。
マカとクラチャイダム比較
精力サプリとしてマカとクラチャイダムの成分を比較してみました。
シトルリン
スイカから発見されたシトルリンの精力増強効果について解説。
アルギニン
アルギニンは精力増強、ed改善、男性不妊に効果的だと言われる理由を解説
ランペップ
ランペップは男性の活力サポートサプリではあまり聞き慣れない成分ですが、最近注目を浴びている成分。卵白のペプチド成分が男性の滋養強壮に役立つと言われています。

ホーム RSS購読 サイトマップ